お子さまの治療について|王子駅・北区王子本町で歯科をお探しの方は王子の森 ちのデンタルクリニックまで

  • 電話
  • メニュー
イメージ画像

お子さまの笑顔
ために、
私たちができること―

お子さまの治療時に私たちが気を付けていること

1何気ない会話からその子の今の気分や状況を掴み、笑顔を引き出す。

イメージ画像

2歯科医院でなくとも大切な、基本的なあいさつを元気に明るく!

イメージ画像

3前向きに取り組み、頑張ってくれたら必ずそれを言葉で伝える。

イメージ画像

4次に何をするか、あとどれ位どのように頑張ればよいか、具体的に示す。

イメージ画像

5その子の個性や成長に応じた対応。
(やさしく、厳しく、素早くやって説明は後から、鏡を見せて説明し、納得してもらいながら…etc.)

イメージ画像

お子さまの治療時の声かけについて

これまで多くのお子さまと関わる機会に恵まれて私が実感したのは、基本的に子どもたちは『誰かの役に立つこと』『自分が頑張ることで相手が喜ぶこと』に素直に喜びを感じてくれる、ということです。お子さまが皆ママの笑顔を好きなのも、『自分の大切な人が喜ぶと、自分も嬉しい』からなのですね。
治療は歯科医師に『される』ものではなく、『自分の歯を治しているんだ』『先生やお姉さんと一緒に自分も頑張っているんだ』、といった、主体性・一体感や、達成感を感じてもらう声かけを心がけています。治療はアンラッキーな出来事かもしれませんが、それを通じて、強くて優しい、頑張れる子に成長して欲しいと願うからです。
ですので、横から、痛くしてもらうよ!我慢しなさい!などと言うのはもってのほかで、保護者の方の協力が不可欠です。

イメージ画像

また、お子さまはひとりの人のお話しか聞いていません。ママがずっと声をかけ続けるとお子さまは医院の人間よりも聞き慣れたママの声を耳で追ってしまい、スムーズな協力が得られないことがあります。心配だからこそ、一歩ひいて見守ってあげてください。複数の人が代わる代わる声をかけるのも、本人を混乱させてしまうので極力避けるようにします。

イメージ画像
イメージ画像

宇宙船治療号をスムーズに進めるには、患者さんと術者の協力と、船長(術者)の確実な舵取りなのです。治療号のスムーズな航行のために、保護者の方には待合室でお待ち頂くケースも多くあります。(必要に応じ説明でお呼びします)
3才を過ぎたら主体的に治療に取り組んでいただく事で、自立心を育むお手伝いをできればと思います。
また、言葉選びも大切です。今まで治療が難しかったお子さまが、声かけひとつで見違えるように上手にできることもあります。これはケースバイケースですので、実際の診療で少しずつお伝えできればと想います。 患者さんにはなるべく簡単なことばで伝えること、プラスイメージに繋がるようなことばを選ぶこと、を私は大切に考えいつも意識しています。小さなお子さまに伝える時も大人の方の時でも、これは共通して重要であると考えています。

忘れてはいけないのが、成長にも性格にも個性があること、今日できたことが次も出来るとは限らないこと。うまくいかない日があっても、そんなこともあるよね、今日はそんな日なのかもしれないね。と温かく見守ること。オトナの都合で無理矢理コトを進めないこと

今まで出会った子たちが、私に教えてくれたことでもあります。

ホームケアについて

近年お子さまのむし歯は減少してきています。しかし不幸にして悩んでいるケースも残念ながらまだ存在します。むし歯の原因はいくつかあり、それらが関係し合って個々のお口の問題を形づくっています。
ひとくちに歯ブラシといってもなかなかコツもつかめないし、しかも成長と共にどんどん生え変わってお口の状況も食生活も変わっていきます。
むし歯だけでなく歯肉の炎症も大きな問題のひとつです。
口腔周囲の筋肉の使い方や呼吸の仕方、姿勢までもが歯並びや健康に大きな影響があることも、よく知られるところとなってきました。

イメージ画像

『むし歯になるから歯を磨きなさい!』だけでは解決はできません。

ご家庭で気をつけること

  • 決まった時間に
    食事・おやつを摂る

    お口の中に常に食べ物がある状態は、口内が酸性となり、むし歯ができやすい環境といえます。
    口内が酸性に偏らないように、決まった時間に食事を摂ることで、正常な状態を保ちましょう。

  • 食後の水分補給

    まだまだ歯が生えてきたばかりのお子さまには、歯磨きを毎回行うのは難しいかもしれません。歯を磨くに越したことはありませんが、食後に水やお茶を飲むことで、口の中の食べかすを流し、お口をきれいにする効果があります。

  • ご家庭での歯磨き

    お子さまのペースを尊重して、遊んでいる途中でいきなり洗面台へ連れて行ったり、お口を開けないからといって怒ったりせず、お子さまが進んで歯磨きができるよう、励ましや本人が喜ぶようなお声がけをお願いします。その後はしっかりお母さん・お父さんによる仕上げの歯磨きをしてあげてください。

クイズ!

1.『磨いている』=『磨けている』? ?
2.『むし歯になったら歯医者に行く』
  =『むし歯でなければ歯医者に行かなくてよい』? ?

3.『歯医者でむし歯をいちど治したらもうそれでおしまい!』?
4.『そしてまたむし歯になってしまったら歯医者に行けばよい』??
 根本の意識から変えていくことが、健康なお口に近づく第一歩です!
 正解は、当院で^^

上記と プラス して、
むし歯になる前の『予防』も大切です!

食べて、話して、笑って、噛み締めて、大切なお口は成長の要です。
生活習慣を映し出す鏡でもあります。口元で印象が変わるほど、個性が表れる部分でもあります。

毎日息をするのと一緒で、『歯』を使わない日はありません。歯科医院で治療をするだけではなく、定期的なチェックや、より良いホームケアが欠かせません。
それが、『習い事に通うように楽しく通院』してほしい、と私が願う理由です。

イメージ画像

お子さまお1人お1人の個性に合わせた治療を行ってまいります